野狐消暇録

所感を記す

「銀河鉄道の夜」再読 - 命を懸けた自己犠牲

昔読んだときは、宮澤賢治の詩の世界に関心があったので、銀河鉄道の夜の持つイメージの豊かさが関心の中心にあった。

今回、改めて読んでみて、作品のテーマとして、「命を懸けた自己犠牲」という事があるんじゃないかと思った。

例えば、サソリの挿話。色々な生き物の命を取って生きてきたサソリが、自分が食べられそうになって必死で逃げる。逃げるけれども、水に落ちて死にそうになる。そのとき、サソリは「どうせ死ぬのなら、食べられてあげれば良かった。そうすれば、食べた方は一日生きられただろう」と考える。

また、難破船の挿話でも、こういう話が語られる。子供を預かっている家庭教師の青年が、船が難破して外に投げ出されたとき、自分の預かっている子供を助けようとして、救命ボートに子供を上げようとする。しかし、他の子供がたくさん乗ろうとしているのを見ると、どうしてもその人達を押し退けてまで、自分の預かっている子供を乗せてやろうという気になれない。

そして、作品そのものの話。最後、いじめっ子のザネリの命を助けるために川に飛び込んだカンパネルラは死んでしまう。

この話は、色々な形で、自分の命を捨てて他者を助ける話を書いている。それは、この作品の、少なくとも大きなテーマのひとつと言っていいだろう。

主人公のジョバンニは作品の最後、お父さんが帰ってくる事を知る。いじめの原因だった父の不在が解決され、いじめも無くなりそうな流れになる。ジョバンニの疎外は解消され、彼は自分が社会の一部に帰って行けそうになる。しかし、カンパネルラはいない。「一緒にほんとうのさいわいを探して歩いていく」はずだった一番の友人がいないのだ。

この作品は自己犠牲の尊さをどこまでも描きながら、犠牲になった人を喪失してしまった友人を描いて終わる。自己犠牲は誰かを助けながら、自己を犠牲にするというまさにそのことによって、一つの不幸を生んでしまう。この作品は終局において、自己犠牲の矛盾に辿り着いている。矛盾にまで辿り着いた作品は、自己犠牲というテーマを最後まで描いた事になり、この作品はそこで完成したのだと思う。

銀河鉄道を離れて、自己犠牲に就いて

この小説、乃至童話を読み、自己犠牲について考えてしまった。本を読み終わったときから、自分はあまり自己犠牲に共感しきれないところがあった。死ななくてもいいではないか、死なないやり方があるだろう。そういう気持ちであった。儒教の方で、体を大切にする事は孝行の始めであるという教えがあるそうだ。自分は必ずしも儒教を信奉するものではないが、やはり自己犠牲はなるべく避けるべきで、自分も助かり、周りも助かるというのが望ましいと思う。実際、人と自分の利益がぶつかるという事は、日常生活ではそれほどない。料理を作って自分が食べ、人にも振る舞うというような、みんなが助かる仕事は多いと思う。これは決して「銀河鉄道の夜」の文学作品としての価値を毀損するものではなく、単に思想と考えるのであるが、自己犠牲というのは本来はあってはならないと思う。人を助けるような人間が死ぬのはよろしくない。誰が死んでもいけないのであるが、立派な人間が亡くなるのは特に惜しく感じる。そんなわけで、カンパネルラも、実は生きていたという展開を期待したい。それでは作品にならないのは知っているが、どうしても、そうであって欲しいと願っている。

ひとりベーシック・インカム

ガイスタンディング著『ベーシックインカムへの道』 を読んで色々考えていた。

www.amazon.co.jp

元々ベーシックインカムには興味があったのだが、この本を読んで更にベーシックインカムは良いなと思っていた。それで最近、自分の生活もベーシックインカムにしたいと思った。

ベーシックインカムは、生活に最低限必要な額を全ての住民に定期的に審査なしで給付するというものである。これにより、生活に一定の見込みが立つようになり、生活上の不安からある程度解放される。また、実際の生活上でも多少安定が見込めるようになる。

これは、収入が人生のステージで、またその人の境遇によって大きく違う一方、生活に必要な支出は少額ながら常に一定額存在するという、収入と支出の性質の違いを埋める制度である。

この制度は非常に賢い。なぜなら、必要なお金が何かという判断をお金の使用者に委ねている。周りの人間が「当人が欲しがっているもの」を当てるのは難しい。これはプレゼントが本人の要求を満たすというより、贈った側の表現のためにあることと似ている。お金を給付する側が受給者の使い道や誰に受給するかを選ぶ事はお金の効果を目減りさせる。

お金の使い道は当人に決めされた方が、最大化されるのである。つまり、金銭的な意味で効率が良い。更に、少額、おそらく日本であれば、5万円程度を毎月支給するというのが最終的な完成形になるのではないかと思うが、毎月5万円だけ持っていて、贅沢に暮らせる人はいない。つまり、5万円はかならず生活費で消えていく。そういう意味で、行政が直接使い道に介入しない制度であるにも関わらず、いわゆる無駄遣いという事がない。もしあったとしても、せいぜい5万円であろう。次の月には次の5万円が来る。このとき、また無駄に使うとは考えづらい。やっぱり生活費が主になるであろう。

このような制度は賢いなと思って感心していた。この本、『ベーシックインカムへの道』に書いてあったアンケートで、どのようなお金の配り方が良いか人に聞いたところ、ベースラインとなる額を配り、それ以上の収入は各人に任すという案がトップだったという。そうかなるほどと思っていたが、今日、これは自分の人生でもそうだなと思い当たった。

全くお金がないのは困る。つまり貧乏は困るのであるが、かといって、ある程度以上のお金が欲しいかというと、特に欲しくはない。つまり、僕はお金をたくさん稼ぎたいのではなく、貧乏が嫌で働いているのである。しかし、今稼いでいる額はぎりぎりの生活費よりは多い。しかしこのお金も、贅沢のために使いたいかどうか。もちろん、それもあっていいはずだが、これをベーシックインカム風に使うといいのではないかと思い当たった。つまり、最低限必要なお金はもちろん使うとして、それ以上のお金は、将来歳を取って働けなくなった時のために貯金しておくのだ。つまり、すべてのお金を生活費だと思って、生活費以上のお金があるときも、そちらに回すようにし、自分の生活レベルを上げないようにする。別に、お金があるのに、風呂無しアパートにわざわざ住もうという話ではない。ただ、贅沢をしないで、常にベースの生活が保てるようにお金を使い、またお金を稼ごうと思う。

そういう風に決めてしまえば、自由になれると思う。

なぜなら、僕のお金は生活費なのだから、それ以上の事を考える必要はない。それ以外は、自分の夢に時間を使えば良いのだ。

契約上の義務を履行できない社員の問題

問題のある人物

ある人物(A氏と呼ぶ)としばらく働いた事があるのだが、A氏には以下の問題があった。

  • 頼んだ仕事をしてくれない。
  • 頼んだ仕事をしていない事に対して、罪悪感がない。

A氏を採用した上司は次の問題に困っていた。

  • 採用時点でスキルが足りなかったため、「大丈夫か?」と確認したところ、「一生懸命やって追い付くから大丈夫だ」と言ったので採用した。しかし一向に勉強せず、スキルも追い付いてこない。

A氏と親しくなり、色々と話すと、こんな事があったらしい。

  • 公共料金の支払いが遅れたことがある。
  • クレジットカードを止められたことがある。

また、こんな事もあった。あるシステムが問題を起こし、止まってしまった。A氏は上司である僕に報告するところまではしたのだが、その後は何もしないで上司を待っていた。可能な限り調査したり、どうしたらいいか考えるものだが、そういう事をしていなかった。その時は「なぜシステムログを調査しないのか」などと言ったのだが、恬然としており、システムが止まっているのにそれを何とかしようと真剣に焦っている様子がない。

これ以外にも様々な事が重なり、「なぜこの人はちゃんとやってくれないのか」という事がずっと問題になっていた。

まとめるとこうなる。

  • 当事者意識がない。
  • 責任感がない。
  • 自分に問題がある事を理解していない。

僕は色々と考えた挙句、彼の問題の根源は以下であると結論するに至った。

契約上の義務を履行する事が苦手

クレジットカードの料金を払うのも、雇用契約に従って労務を提供するのも、契約上の義務である。人にもよるだろうが、うっかり忘れた場合を除いて、料金の支払いを遅滞した事がない人は多いだろう。彼はそういう生真面目な人物ではない。どちらかというと、本当に問題になるまでほっておくのである。

仕事に就く際に「がんばります」と言って、実際には頑張らないというのも、彼からすればいつもの生活であり、それを悪いとも思っていない。普通はやるべきことをやっていないということになれば、多少の後ろめたさはあるものだ。しかし、義務の観念そのものが薄いから、申し訳ないとか、悪い事をしたとも思わないのではないか。

つまり、彼はこの問題で責められているとき、「罪悪感を感じる」のではなく「災難である」と考えるのではないかと思う。自分の義務とは関わりのない事で問題が起きたとき、人は「悪い事をした」と思わず、「災難に遭った」と思うものだからである。

A氏は現代社会を生きられるのか

現在の社会は経済活動が社会のすみずみにまで行き渡っており、そういう意味で取引の連続でいえる。買い物、家賃の支払い、就職など、すべて取引であり、大きな取引は契約と呼ばれ、契約書が交わされる。

そういう取引に満ちた社会の中で、契約を履行できないA氏は暮らせるのだろうか。

これは当初解決策として実行された社員教育で解決できない問題である。社会人1年目ならまだしも、A氏はもう10年選手なのだ。A氏の抱える問題は、A氏の社会生活に危機を招くものである。この問題の解決は、一般的な社員教育で図れるものではない。1企業でどうするというより、おそらく社会全体で、A氏の社会生活上の困難を支える事になるのではないかと思う。つまり、社員教育ではなく、社会福祉行政の中で、解決を図るべきではないか。

会社はどうしたら良いか

A氏が正社員である以上、雇用契約に従って精勤するように求めるのが第一である。

しかし、どうしても責任をもって仕事をできないということであれば、しっかりした面談を複数回行い、A氏の今後について、お互い腹を割って話し合うべきであろう。

A氏は「約束を守らない」という点を除けば、能力的に劣っているわけではない。普通に勤務する能力があるのだが、ただ責任感が非常に薄いために、勤務に支障をきたしている状態である。

自分の意見では、会社が一方的にA氏を解雇すべきでないと思う。法的にできるできないの話もあるが、それより自分が思うのは、A氏が毎日会社で働いている事実である。A氏に責任感はない。しかし、単に仕事に責任を持たないだけで「何もせず席に座っている」訳ではないのだから、ある程度は雇用契約を守っているのであり、この点を見落とすべきではない。

しかし、会社が困っているのも事実であって、A氏にも非はあると自分は思う。A氏に責任感がない以上、会社はA氏に仕事を任せる事がずっとできない。現にA氏は入社1年半を過ぎ、他の従業員ならそろそろ仕事を任せたい時期だが、ずっと部下のポジションにいる。それは責任者のポジションがないからではなく、A氏には仕事を任せられないから、そうなっているのである。

こういう状況であるから、まずは両者が話し合い、その中で、落としどころを探るべきだ。その結果、A氏が他の部署に異動になったり、会社を辞めたりする可能性はある。しかし、そういう変化をネガティブに捉えるべきではないと自分は思う。

これは事実上、雇用契約を見直す事である。A氏に責任感がない事が明らかになったうえで、会社がA氏と雇用契約を結びたいか、A氏側に立てば、自分を評価しない会社で働きたいか、両者が話し合って決める事である。

話し合いの結果は、実際やってみないと分からないが、A氏がたとえ今の会社を辞めたとしても、A氏は社会の一員なのだから、なんらかの形で、世の中が面倒をみるしかない。何か、A氏にちょうど良い仕事が見つかるのが、一番の解決だと自分は思う。責任感がなくてもできる仕事がないだろうか。それでひとまず暮らせるような。

インターネットなどの通信技術による広域コミュニケーションの意味

自分はこの事について、あまりはっきりしたことが分かっていなかったと思う。テレワークを経験して初めて、この事の大きな意味が分かった。ここに書くことは、知っている人は前から知っている事だろうが、僕には発見だった。

テレワーク

それは、テレワークになると、応募できる仕事に、「通勤できる範囲」というしばりが無くなるということである。自分がどこにいても、通信環境さえちゃんとしていれば、それで働けるのだ。もちろん、テーブルや椅子などの、勤務のための最低限の設備は要る。しかし、これも普通に賃貸住宅に設置できるものであり、それほど高価ともいえないと思う。ハードルになるというほどではない。そういうことよりも、通信環境の方が、ハードルになりやすいかもしれない。

そう考えると、フルリモート限定の仕事が仕事全体の5%だったとしても、「通勤できる範囲」という縛りが無くなって応募できる仕事の範囲が広がれば、応募できる仕事の量は、最終的にそれほど変わらないかもしれない。

外国の良質なコンテンツに届く

英語で作られたYouTubeの学習動画。オンライン学習コースなどがある。それらは通学学習の不完全な代替ではない。自分には、今までオンラインコースが何か予備的というか、弱いものという感覚があった。しかし、そうではないのだ。それは最初にそう感じるだけなのだ。そもそも、学習というのは、自分でやらねばならない事がほとんどだ。だとすると、学習に使っている意味のある時間はどのぐらいなのか。自分は通学に多くの時間を使ったと思う。また、講義は大学で確かに聞いたが、それはYouTube動画の視聴とどこが違うのだろうか。違わないのである。

同じなのだ。だったら、通学時間が節約できる動画は優れている。

動画はこちらの都合でいつでも再生できるし、巻き戻しもできる。非常に便利である。

海外の大学に行くのは大変だが、onlineコースなら届く。こういうメリットをしっかり認識して生かしていけば、非常に大きな強みになると思う。

自分で前に進む事ができる。

何かを学ぼうと思うときの障害は、かなり取り除かれていると思う。そういう事をしっかり生かしていく事が大切だ。また、仕事についても、ちゃんと自分で選びたい。単に収入だけ見るのではなく、総合的なメリットデメリットを見ることだ。フルリモートは福利厚生と同じで、月給2,3万円分の価値は優にある。だとするなら、給与が同じなら、フルリモートの方が良い事になる。そういう事を考えて進めること。

面接

「学生の頃、力を入れた事は何ですか?」
大喜利です。友人と三人で大喜利に打ち込みました」
「それで得たものは何ですか?」
大喜利の答えを素早く出す力です」
「当社では大喜利はしていません。当社でその力はどう役に立ちますか?」
「立ちません」
「ではなぜ大喜利の事を話したんです?」
「聞かれたからです」
「なるほど。ありがとう。では最後にひとつ聞かせてください」
「どうぞ」
「桃太郎が鬼を退治した後、宝物を山分けしてくれと犬、猿、キジに詰め寄られて言い放った一言とは?」

カフカ再読「判決」

一回目の読書

ふと思い立ち、カフカの「判決」を再読した。以前に読んだときは、一旗揚げようと外国に行き、全く仕事がうまくいかないのに、見栄だったり意地だったりで意固地になって国帰って来ない友人と、両親の店を継いで仕事も順調、結婚も決まって、「上から目線」で友人を見ることになった若者の困惑を読み、「起業家の友人も世の中には必要な人なのになぁ」なんて思って、二人の対比を軸に小説を読んだ。

そのときはそのときで、恵まれている貴族的な若者と、一人外国で奮闘しなければいけない友人を対比して、外国の友人にむしろ気持ちを寄せて読んだのであった。そうやって読んだときは、途中に現れる父が息子である若者に敵対的なので、そういう形でカフカが若者を批判しているのかと思った。

二回目の読書

最近、たまたま「判決」を再読したら、別の感想があった。それはこの小説が、世界の解釈をめぐる物語として読めるということであった。途中までは若者の独白を基準に世界が開けていく。先ほど書いた、外国の友人と若者の対比は、若者の独白によって作られた世界である。しかし、途中に登場した父が「異なる世界の解釈」を披露して揺さぶってくる。それは、「外国の友人は若者の創作で、本当はいない」というものである。そうは書いていないが、「自分の生活を正当化するために生み出した幻想の友人」のような意味なのかもしれない。しかし、その見方もまた、父の妄想であるようにも読める形で物語は進む。終盤まで「誰の見方が正しいのか」が分からない状態が続くのである。物語の最後に常識を代表していたかに見える若者が奇怪な行動をとり、読者は完全に足場を失ってしまう。

この小説は、同じ事実に様々な解釈が可能であることを示しながら、読者の世界に対する解釈、つまり主観的な世界に揺さぶりをかけ、安定した世界観を奪ってしまうようにできていると思う。それがとても面白い。

髪を切る

髪が伸びてきたが、なるべく床屋に行きたくない。原因は例の新型コロナウイルスである。こいつのせいで外出自粛要請がかかっている。のみならず、自分も感染したくないから、外に行きたくないのだ。どうしようかなと思いながら、長くなってきた前髪と一緒に過ごしていた。

すると、妻が僕の髪を見て、切ってやろうと言う。妻は時々、僕の前髪をゴム紐でポニーテールのように縛り、邪魔にならないようにしてくれていたのだが、ついに切ってくれるようだ。

ゴミ袋を持ってきて広げ、僕はその前に座った。妻が前に座り、はさみを手に僕の前髪を切り始める。しばらく切ってくれていたが、妻が僕の顔を見て笑い始めた。

世の中には、社会的な笑顔とでもいうべきものがある。敵意はありませんよ、という意味の、レストランの店員などが作る笑顔だ。妻は本気で笑っている、と思った。社会的笑顔ではない。

「鏡は?」

僕が聞くと、スマートフォンのinカメラを妻が渡してくれた。自分の顔を見てみると、前髪がぱっつんになっている。おかっぱの前髪が、僕の前髪である。

「大丈夫かな」

「大丈夫よ。まだ完成じゃないから」

そうかな。妻はまだ笑っていた。そして切り進め、僕の前髪は完成した。前髪以外はそのままである。

「もう邪魔じゃないでしょう?」

「そうだな」

inカメラで見ると、ちょっとおかしい気がしなくもないが、僕以外の人間は気にしないレベルである。これで完成だ。

こうやって、家で過ごす時間が増えると、色々な生活が変わる。

床屋の店員以外の身近な人に髪を切ってもらうことも絶えて久しかったが、切ってもらえば、それはそれで済む。また出社する前に、一回切ったら、それなりになるだろう。

それに。

オリジナリティがある髪型はいいものだ。僕はちょっと気にいったのである。