野狐消暇録

所感を記す

進世堂 / いちご大福

苺大福は季節物で出るので、年中は食べられない。それだけでなく、割と売り切れることがある。西五反田の、大通りから一歩入った住宅街に居を構える進世堂の苺大福のことである。
通りの角に建つ店は、一度入ってみたいと思わせる、少しごちゃっとした趣きがあった。それが近所の割烹望月と並び、歴史のある店という感じであった。
入ってみたい気はしていたものの、入店したのは割烹望月より後であった。望月はランチにたくさん食べられるので、もっと早くに訪れていたのだ。
最初に買ったのは確か大福であったが、やがて苺大福を食べる機会があり、気に入ったのであった。
さて、その、手に入りにくい苺大福を手に入れた。夕刻の、会社帰りのことである。とてもないと思っていたのに、十数個の苺大福が並んでいた。このままだと売れ残る気がしたが、必要十分の分量である一個を購った。この店はクレジットカードが使えるのでMasterCardで買った。210円であった。
浮き浮きした気分で夕方の西五反田を歩いた。しかし、家に帰る頃には、苺大福の事はすっかり忘れていた。それというのも、夕飯が先だったからだ。食べ終わり、妻を駅まで迎えに行くなど、しばらく過ごすうちにほっておいたヤツのことを思い出したのである。
苺大福を食わないとな。
それで食うことにしたが、何を飲もうか。手元には、緑茶と烏龍茶、濃い緑茶があった。全てペットボトルの冷たいお茶である。
苺大福を食べながら、自分は3つのお茶をそれぞれ飲んでみた。結論から述べよう。濃い緑茶が一番パンチがあり、苺大福の甘さに調和、乃至拮抗していた。しかし、穏便して爽やかなのは烏龍茶である。薄い方の緑茶はやや薄すぎて違うと思った。焙じ茶や烏龍茶といった、ある程度お茶自身に味がついている方が、苺大福には合うように思う。
店員さんとも顔馴染みになった。しばらく経ったらまた行ってみよう。