野狐消暇録

所感を記す

数学の勉強を始める

世の中に出て後、生活に追われ、ゆっくりと書物を紐解く暇も無く、ただ時間だけが過ぎてしまったが、プログラミングを学んでから、芸は身を助くとの言葉通り、いくらか仕事が軌道に乗り、休日に仕事以外の本を読むだけの余裕を得たので、かねてから希望していた数学を学ぶ事にした。

まずは線形代数に手を付ける事にして、忙しかった頃に購入し、棚で埃を被っていた数学書を取り出し、最初のページから読み始めたが、ところどころ分からないところはあるものの、思っていたほど行き詰まる事も無く、次々に読み進められて、意を強くしている。

考えてみれば、まだ解かれていない数学の難問に挑む研究者ならともかく、自分のように先人の足跡をひとつひとつ辿る人は、すでに解かれている問題の解き方を辿るのだから、行き詰まると考える方が誤っている。

ではなぜ難しいと思い込んでいたかというと、それには次のような理由があると思う。数学書は積み上げ式になっており、随筆や俳句を読むように、パッと開いたところから読む事はできない。必ず自分が理解しているところから始めて、少しづつ理解を深めていくのであり、理解していないうちに先のページをめくってみても、ほとんど何を書いてあるか分からない。チンプンカンプンであるといって良い。だから、まだ理解していない数学書を斜め読みして、その中身を類推した時には、とても難しい事が書かれているように思われる。この事が理由になり、自分は龍を前にした鼠のように、読んでいない数学書を恐ろしく感じ、難しいものと決めてかかっていたのである。

さて、先ほど芸は身を助くとの俗諺を引いたけれど、数学を一芸にして、お金を稼ぐ事もできるかもしれない。数学の先生や研究者はもちろん、自分の専門のIT技術に於いても、数学が生かされている分野は多そうだ。現に今話題になっている機械学習の技術では、統計学が生かされていると聞く。そのような分野の技術が分かるようになって、お金を稼ぐ事ができれば、数学は糊口を凌ぐ助けになる。これは今のところ、捕らぬ狸の皮算用とでも言うべきであって、何のあてもないふわふわした空想であるが、明るい未来を空想するほど愉快な事はない。その未来には望ましい成果ばかりがあるからだ。とはいえ、自分は現実を忘れて、空想ばかりしているのを良しとしている訳ではない。ただ、数学の勉強の励みとして、そのような空想をしてみるのである。

固くて開かない瓶の蓋を開けるには、栓抜きを使うと良い。

こんな感じで栓抜きを使い、蓋と本体の間に隙間を作るように、瓶を回しながらちょっとづつ力を入れる。

f:id:nogitsune413:20180208205242j:plain

回しながら、蓋と瓶の間を広げる。

蓋がやや歪むし、蓋に傷もつくが、それでも良いという方はドウゾ。

青島日記 (2017/12/29 - 2018/01/08)

2017/12/29

前日は会社の納会。休みに入ってすぐに中国に発つ。五時半に起きる。スマホの充電器を旅行鞄に入れる。ブレーカーを落とす。六時に家を出る。京浜東北線鶴見駅の改札に入る。スマホで調べると、京急線鶴見駅から乗ったほうが良いらしい。京浜東北線の改札を出て、京急線に向かう。飛行機の発つ二時間前に羽田空港に着く。手続きを済ませて搭乗。一安心。韓国のソウルで乗り換え。電車で金浦空港から仁川空港へ。殆ど時間の余裕はない。モスバーガーを見つけたが、買う余裕がない。飛行機で仁川空港から青島へ。ここに至ってようやく安心。後は空港を出るだけだ。これは簡単。出口でかおりと弟の飛さんを見つける。

弟の子のザザもいる。可愛い。
ココナッツジュースを買う。ココナッツの実を丸のまま使って、実の中にココナッツジュースを詰めたもの。
飛さんの家で夕食。美味しい。
夕食後、買い物。コートとインナーを買う。パーカーも買う。
出見世がたくさん。カメラがなくて残念。
 

2017/12/30

朝は、近所を散歩。スーパーマーケットに行く。セーターとズボンを買う。買った金額が一定を超えると貰えるお土産を貰う。茶碗と箸。中国の箸は太さが一定である。先に行くに従って細くなる日本の箸とは異なる。

茶碗は底が浅い小さな碗で、日本の御飯茶碗と比べると小さい。
かおりの風邪が悪くなる。ふらふらすると云う。かおりの具合が悪いからという理由ではないようだが、かおりの弟が車でスーパーマーケットまで迎えに来てくれる。
家に着いたら、昼を食べる。かおりは漢方薬を飲む。かおりと自分は昼寝をする。
二時間ぐらい寝る。午後の六時前にかおりのお姉さんが子供を訪ねてくる。お正月だから来たようだ。まだお腹が空いていないが、夕飯を食べる。中国の食事はお皿がたくさん並んで、好きなものを好きなだけ食べる。これは合理的だ。
みんなで出掛ける。ゲームセンターで遊ぶ。子供が、トト、ザザ、ズンスア、ノアノアと言う訳で、子供がたくさん。
出掛けたのが夜だったから、だんだんお店が閉店になる。
帰る。
23時過ぎだが、みんなまだ起きている。
ザザとトトがベッドに来る。僕とかおりがいるので、一つのベッドに四人。夜寝るスペースが無くなって、僕は床で寝たり、ベッドの端で寝たり。
 

2017/12/31

朝は遅く起きる。九時頃、リビングに出る。

朝御飯。11時過ぎにみんなで出掛ける。一時間ぐらい車に乗って、中山公園に行く。中山は、孫文のこと。遊園地で遊ぶ。年甲斐もなく、色々な乗り物に乗る。車の中で酔い掛けていたが、遊園地の乗り物で酔う。僕が大人代表みたいな感じでトトやザザと一緒に乗り物に乗って遊ぶ。
遊園地を後にし、大きなデパートへ。この時点で乗り物酔いが酷く、とても何か食べられる感じではなかったが、お腹は減っている。色々食べる。わりと炒飯が美味しい。色々並んでいるのに、サッパリしたものがない。
帰る頃、やっとお腹の調子が持ち直す。帰りの車でぐっすり寝る。起きたら頭もすっきり。
 

2018/01/01

かおりのお姉さんの旦那さんが来るらしい。昼過ぎに車で出掛ける。2つの車に分乗。途中で、お姉さんの旦那さんと合流。お昼ごはんを食べる。とても美味しい。前に一度来たことがある。ゲームセンターに行って遊ぶ。クレーンゲームやレースゲームをして遊ぶ。

帰りにまた食事。お姉さん家族は南山旅館に泊まるので、ここでお別れ。残りの家族で一つの車に乗るが、一つのセダンに八人で乗るのですし詰めになる。大笑い。家に着いてから、今日が1日と知る。
 

2018/01/02

今日からザザは幼稚園に行く。

僕とかおりは、かおりのお母さんと一緒に漢方のお医者さんに行く。かおりの弟の飛さんに車で送ってもらった。
院に着いたが、誰もいない。午後二時まで昼休みのようだ。順番の札を貰って、昼を食べに行く。
羊肉のお店で羊肉のスープを飲み、餅を食べる。バスに乗って院に戻る。かおりの体を診てもらう。古い建物だが、評判が良いらしく、大勢の人が集まっている。
一時間ほど待って診察。脈をとる。片方の腕で一分近くも診ていた。
両腕で脈をとる。医者は初老の禿げかけた男で、白衣を纏っている。人差し指、中指、薬指の三本の指をかおりの脈に添える。
そのままじっと様子をみている。
薬を貰う。今までは液体の薬だったが、今度は粉薬。風邪にも効くという。かおりは風邪をひいている。
帰りにスーパーマーケットに寄り、食材を買う。梨、小さな蜜柑、柿、バナナ、チョコレートやクッキーなど。こんなにたくさん買って良いのかと思ったが、考えてみれば、今家には、かおりの両親、弟夫婦、弟夫婦の二人の子、僕とかおりという訳で、八人いる。
スーパーマーケットを出るとき、トイレに寄ったら、古いトイレで、小便器の下の配管から、小便が漏れて困った。小便をするそばから足元に小便の水溜りが広がるのである。
家に帰ると、ザザがいた。
夕食を食べる。
 

 2018/01/03

今日は暇だった。朝御飯を食べてから、かおりと一緒に近くで行われている市に行く。全部量り売りで何でも売っている。かおりはどんどん買う。買ってすぐに食べたパンが美味しい。かおりがいつも云う、餅である。
干菓子、パイナップル、鴨の卵、梨、焼いた餅、小さな蜜柑などを買う。
かおりがスーパーにセーターを返しに行く。青島では、仮に買っておき、似合わなかったら返す事ができるようだ。このセーターの場合は、一週間以内だったら、返せるみたいだ。
かおりを待って、二人でマンションに帰る。荷物が多くて、なかなか大変だ。
帰って昼を食べて寝る。二時間ぐらい寝ると、もう夕方になっている。
ザザが幼稚園から帰ってきていて、ザザと遊ぶ。玩具は、以下だ。
・この前に行ったゲームセンターで貰ったスーパーボール
・ブルーベリー
ブルーベリーは、両手を握って、どちらの手にブルーベリーが入っているか当てるゲームに使う。
このブルーベリー当てゲームを飽きずにザザはずっとやるので参った。全然飽きないのである。同じゲームを延々とやる。
途中でかおりに代わってもらったが、ともかく飽きないので困った。
わざと間違えて、大袈裟に「しまったー」と残念がるとザザは喜ぶ。
夜は昼間に寝てしまったから眠れず、Kindleで本を読む。ずっと寝れない。深夜零時を過ぎてやっと寝れたようである。
 

2018/01/04

青島の歴史的な地区へ行く。メンバーは、自分、かおり、飛さん、かおりの両親である。

写真を撮りまくる。ドイツ風の建物。八大関。海岸にも行く。昔、青島でオリンピックが開かれたらしく、その時の看板もあった。
台東にも行く。屋台が美味しい。特にモツの煮物?が美味しい。外はとても寒い。えのき茸の串焼きを食べたから?急に寒気がする。じっとしていると良くなる。慌てて帰る。家で寝て治す。
 

2018/01/05

暇だが、かおりの風邪がまだ良くないので、外に行きにくい。Kindleに入っている本を何度も読む。数学の本でも持ってきて、一生懸命やれば良かったかしら。そろそろ、日本に帰りたい。

午後の五時頃から出掛ける。スーパーで買い物。ケンタッキーのお店で飛さんを待つ。僕らの家族は誰もケンタッキーの商品を頼んでいない。かおりに聞くと「大丈夫」とのこと。飛さんの仕事が八時頃終わり、マッサージを受けに行く。New Star SPAという韓国系の店。風呂に入って体を洗う。ちょっとトレーニングマシンを使ってみる。明月館というレストランで韓国料理を食べる。何とも辛い。
飛さんと五目並べ。一勝二敗で負け越し。上の階でマッサージを受ける。爪まで切ってもらう。足と頭のマッサージ。かおりも受ける。
そのままマッサージを受けた台で寝る。
 

2018/01/06

朝の五時頃起きると寒気がする。頭も痛い。風邪を引いたらしい。

もう一度風呂に入る。
二度寝して起きると11:00時。11:30から帰り支度をする。外で食事。ザザが店の外に行ったので、安全のため自分が一人で追い掛ける。ザザと遊んでいると、ザザがトイレに行った。途中で個室の戸を開けてザザが何か言うが、分からない。二人でレストランに帰るとかおり達家族がいないので焦る。かおりとエレベータのそばで再会。ゲームセンターに行ったと思ってそちらへ行ったらしい。ザザは、尻を拭く紙が無いと訴えていたらしい。みんなでゲームセンターに行く。僕は体がだるく、頭が痛いのでグロッキー状態。しばらく遊んでいると、飛さんが合流。みんなで帰る。途中で孔子を祀った公園に寄る。スマホの電池切れで写真が撮れなくなる。すごくいい公園だと思うけど、早くマンションに帰りたい。見学して帰る。すぐにパジャマに着替えて寝る。夕飯のあと、パブロンを服用。
 

2018/01/07

弟さんの運転で出掛ける。

北京オリンピック記念の公園。ザザやかおりと写真を撮る。
ザザと追いかけっこをして遊ぶ。
お土産のお菓子をたくさん買う。
そろそろ、帰国の準備。諸々旅行鞄に詰める。
夕方に親戚の御宅を訪問。しばらく歓談して帰る。この時、スーツで訪れようとするが、ワイシャツが無いことに気がつく。出掛けの時の事で、かおりが「ゆうゆうがワイシャツを無くした!」と非難するので閉口する。青島で服を買ったとき、そのまま着て帰ったが、店員が脱いだワイシャツを渡し損ねたらしい。
かおりが夜、炊飯器の使い方を聞いてきたので、教えながら予約機能を試す。
 

2018/01/08

朝、六時頃目が覚める。雪が降っている。昨日のうちに準備しておいた服を着る。弟さんの運転で青島国際空港へ行く。かおりとお母さんも見送りに来てくれる。雪の影響による遅延はなく、予定通り出発。出発時に書く書類を書き忘れていて、焦ったぐらい。Departure Card? 韓国の仁川空港に到着。だいぶ乗り換えまでの時間に余裕がある。FreeWi-Fiがあったので早速使う。海外インターネットで一万円の請求があって驚く。30Mの通信費とショートメッセージ代。持っていたウォンをホットドックとミネラルウォーターに使う。飛行機に乗って成田空港へ。途中で有料の食事があった。注文した人だけ配られたようだが、自分も配られる。注文するタイプのチケットを買っていたようだ。
成田空港着。バスが面倒で電車に乗ったが、なかなか時間がかかる。10時すぎに家に着く。つけ麺を外で食べる。11時頃、かおりに微信で連絡。少し起きていると寒気がしたので慌てて寝る。
 

その後

ウイルスもしくは細菌が原因と思われる腸内炎に罹患し、2日会社を休んだ。まだ転職して間もないから、有給休暇がない。正月始めも含めて、4日も欠勤してしまった。月末の給料明細でがっかりしたが、働いていない以上、仕方がない。

2018年の初釜 於 日本大学文理学部茶華道室

四十何年ぶりの寒波とかで、とても寒い日だった。11時半頃に家を出て、日本大学文理学部に向かった。途中、井の頭線渋谷駅のホームにあるキヨスクでおにぎりとレモンジュースを買い、軽く腹ごしらえをする。明大前で降りて、京王線に乗り換える。学生時代の四年間、通い慣れた道だけあって、今でも乗り換え先のホームをそらで覚えている。明大前駅の構内には京樽という巻き寿司を売る店があり「ここでお昼を買えば良かったか」と後悔したが、ゆっくりと食べている時間はない。

京王線高井戸駅で電車から降りた時には、初釜の受付開始時刻の10分前だった。大学まで続く商店街を歩く。知らないうちに、新しいラーメン屋さんができている。商店街を抜けて、大学の敷地の外に着いたら、歩いてきた道を左に折れ、裏口に向かう。裏口から大学の敷地に入る。空は良く晴れて、先日の大雪の名残りの雪が、あちこちに寄せられている。

サークル棟の2階に上がると、すぐに受付があった。名乗っていないのにすぐに客と気付いてくれ、芳名帳に名前を記す。学生もスーツだが、自分も着物がないからスーツである。コートをクロークに預けてサークル室に入る。奥の一間が待合になっていて、今日だけ緋の絨毯が敷かれている。今部長をされているK君が挨拶してくださったので、絨毯に座ってしばらくしてからK君を呼び、持ってきた物を渡す事にした。

 

持ってきた物というのは、アーモンドとピーナッツである。アーモンドは殻付きのもので、甘い味が付いている。ピーナッツは殻なしで、やはり甘い味付けである。これらの木の実は両方とも、中国の山東省にある青島市で購ったものである。

なぜ青島市で買った木の実を自分が持っているかというと、理由はこうである。

妻が調子を崩して、お母さんがいる中国に帰り、静養する事になった。それが12月の初めの事である。自分も年末年始の休みに入ると、飛行機で青島市に渡った。妻の調子はもう大体良くて、正直中国に帰る必要もなかったかもしれないが、お母さんが心配されるので、それで帰ったところがある。

それで結局、ドイツ租借時代の街並みを観に行ったり、二人で近くの市場に行き、買い物をしたりして過ごした。そうやって青島を見て回るうち、量り売りで売っているアーモンドを買い、袋で売っていたピーナッツも買ったのである。

さて、正月過ぎに日本に帰国し、初釜に行く事になったのだが、お茶会に行くとなると、身内で開く初釜とはいえ、先輩としてお祝いをいくらか包むべきところである。しかしこのところ、懐が寒い。そこでどうしたものかと考えて思い付いたのが、前述のアーモンドとピーナッツである。お茶会の朝、妻が袋に詰めたアーモンドとピーナッツを渡してくれたのだが、その時「皿も持っていくか?」と妻に聞かれた。

それは全く思い付かなかった。多分茶道研究会には、お菓子を出す皿があるだろうとは思った。何しろ、茶道にはお菓子がいつも出てくるのだから、皿がない筈はない。しかし、それは主菓子を乗せる皿だからな、普通のお菓子を出す皿はそんなにないかもしれない。

それで皿を用意する事にした。最初、家で餃子を乗せたりしている薄い皿を妻が用意しようとしてくれたのだが、いい事を思いついた。昔働いていた会社の懇親会のゲームで貰った、ロイヤルコペンハーゲンの皿がある。これはなかなか良い皿だと思っている。デザインもうるさくなくて、割合に上品だ。 

f:id:nogitsune413:20180128211900j:plain

会社の懇親会で頂いたお皿

この皿を持っていき、ここに木の実を盛ったら良かろう。みんな茶道研究会のメンバーなのだから、多少皿などにも気を使う人だろう。そう考えると、ちょうど良い。

それで話を元に戻すと、部長のK君にお土産を渡そうとして、「先日中国に行ったんだけど、そのお土産があるんだ」と言い、続いて持ってきた袋から皿を取り出した。これがいけないといえばいけなかった。見ていた部員が「おお」と言って喜んでしまったのだ。どうにも言い出しづらかったが、「これはお土産じゃないんです」と言って、後からアーモンドとピーナッツの包みを取り出して、K君に渡した。

みんなアーモンドとピーナッツを食べてくれ、美味しいと言ってくれた。殻付きのアーモンドは日本では珍しいし、アーモンドやピーナッツは塩味が当たり前で、甘い味付けも日本では見ない。それで大したものではないんだけど、異国情緒だけはそれなりに備えていて、お土産としての役割を果たしてくれた。

f:id:nogitsune413:20180127141947j:plain

戌年という事で、待合に犬の色紙が飾ってある

N先生にご挨拶して、ずっと茶道研究会を指導している、先輩のIさんにご挨拶。N先生の着物の柄が気になって、褒めていいのか考えて、褒めないでおいた。僕なんかが着物を褒めると、馴れ馴れしいし、却って失礼になりそうである。I先輩はまだ歳が近いから、後で「これは菊ですか」などと聞いてみた。なんでも、一年中着られるように、色々な花をあしらってあるそうである。

一席お茶を頂いて、せっかくだから、もう一席入った。客はOBや卒業生、在校生などである。いわば身内のお茶会なので、ざっくばらんとしたもので、席の間も色々な世間話が出る。隣の待合とは襖一つを隔てているだけなので、待合の話まで聞こえてくる。僕も最初は流石に茶席なのでどうかと思っていたが、ついつい最近転職した時の面接の話などをしてしまった。

それはそれで、和気藹々として結構だし、何も止めるつもりはないのだが、黙々と茶を点てる亭主と、決して笑わない半東が何とはなしに気になり始めた。どう思っているのか。別に怒っているはずはないが、普通、客と亭主の在り方が、ここまで離れてしまったら、亭主がキレていてもおかしくはない。作法通り進めると、亭主と半東は何も話さない事になっているから、それで話していないだけだとは思うが、気になる。

それに、茶道の雰囲気というのも、やっぱり徐々に壊れてきているのかもしれないと思った。つまり、あまり賑やかだと、茶道的ではないのである。もっと静かでなければならない。和敬清寂と言うが、ここには「寂」の一字があるではないか。

そんな小難しい事を久しぶりに考えているうち、茶席が終わった。足の痺れが取れると、自分はあちこち写真を撮った。この行為は所謂道具茶というヤツで、あまり上品ではないかもしれないが、SNSに写真を上げる習慣が付いてしまって、ここでも何枚か写真に収めた。

f:id:nogitsune413:20180127142031j:plain

お正月の飾りが付けられている。

f:id:nogitsune413:20180127142013j:plain

正面から見たところ

f:id:nogitsune413:20180127142018j:plain

独楽繋ぎの炉縁

f:id:nogitsune413:20180127142040j:plain

香合も犬だった。可愛い。

f:id:nogitsune413:20180127142105j:plain

椿が活けてある。

f:id:nogitsune413:20180127142057j:plain

茶道研究会ではお馴染みの「松樹千年緑」

高級品はないけれど、懐かしかったので、自分には楽しかった。
またしても言い出しづらかったが、K君に言って木の実を盛っていた皿を返してもらい、そろそろと思って、お暇した。皿は置いてこようかとも思ったが、妻の許可を貰っていないので止めておいた。

しかし、賑やかな初釜だった。部員が多い方がやっぱりいいなと思った。しかし、障子から畳から、随分傷んだものだ。備品として大学が交換してくれるなら頼んだら良いし、ダメなら畳はともかく、障子ぐらいは交換できそうだ。物を大切にするのも茶道のうちだが、セロハンテープで補強した障子は、やっぱり張り替えた方が良いだろう。

部長のK君と半東の方の雰囲気が、かつての自分達に重なって面白かった。誰がやっても、あんな感じになるのかな。それが茶道の力なんだろうか?

2018年の抱負

 今年は、少し基礎的な勉強をしてみたいと思っている。

まだ優先順位は決めていなくて、単に「やりたい」と思っているだけだが、以下に興味がある。

 

■技術

■汎用的

言語

  • 英語
  • 中国語

数学

■資格

  • IPAの高度試験
  • 簿記

1年8ヶ月勤めた会社を辞めた。

自分がC社に入社したのは、2015年4月の事だった。1年半少し前の事だ。

自分はソフトウェア・エンジニアとして仕事の上達を望んでいて、C社は自分に合った環境だった。

C社には入社する2年程前から派遣のエンジニアとして来ていて、職場の様子は良く知っていた。職場の上司はC社の社長で、エンジニア気質の人であった。

仕事はWebアプリを作る事であった。自分はWebアプリを作った事がなかったが、C社の現場で初めて作った。HTTPリクエストを受け取るプログラムが書けなくて、仕事をベテランエンジニアに回されてしまった事を覚えている。その程度の技術からのスタートだった。

徐々に仕事を覚えていった。

自分なりに勉強もし、会社で保守しているプログラムが如何に望ましくない状況に陥っているかも分かった。そして、それでも動いてしまう事も知った。

上司は厳しかったが、仕事は楽しかった。自分の意見を聞かれるので、何かしら答える必要があり、上司が納得するような、技術者としての意見を考えて述べる。これも難しかったが、意見を聞かれる事が嬉しかった。

アプリケーションサーバの保守を主に担当するようになった。

自分は色々なプログラムを組んだ。

マルチスレッドで動作するプログラム

仕事で初めてマルチスレッドのプログラムを書いたのがC社であった。マルチスレッドのプログラムを書く事ができるのか、かなり不安だったが、書く事ができた。しかし、やり過ぎてはいけない事もこの時に知った。今では相当単純な動作でない限り、マルチスレッドプログラミングはやるべきでないと思っている。

ソケット通信でWake On Lanするプログラム

朝、このプログラムを起動すると、十数本のスレッドが起動し、各スレッドがそれぞれWake On Lanの信号を異なるパソコンに向かって送る。この信号を受けたパソコンは、電源が入って起動する。

プログラムを走らせると、一斉にパソコンが立ち上がっていく様が壮観であった。

ポストバック

Webページを表示した後、そのページにあるボタンを押すなどして、もう一度同じページに対してHTTPリクエストがかかる事をポストバックと言う。これが最初不思議な気がした。同じページを更新したいなら、サーバ側からデータを送ればいい、と思ったのだ。現在、確かにWebSocketというサーバからクライアントにPushする技術がある。しかし、基本的には、クライアント側から取りにいかないと、情報を返さないのがHTTPの仕組みである。この仕組みに逆らわない方がいい、という事も、しばらく経って分かった。しかし、分かったのは、かなり後になってからで、最初はWebSocketを導入すべきだと思っていた。

Webフレームワーク

C社で働いているとき、Webアプリは生に近い状態で動いていた。所謂Webフレームワークを使っていなかったのだ。だから、統一されたコーディング方法がなく、割とプログラマごとに勝手に書いていたと思う。自分は新しく学んだ「よりベターなコーディング方法」で書くように心掛けていた。

 

C社で働いているとき、自分は相当プログラマとしての経験を積ませてもらったと思う。C社のおかげで、自分はプログラマになれたのである。しかし、所謂オーバーエンジニアリングをしていたのもまた、C社で働いていた時期だった。会社には悪い事をしたと思う。なぜ会社に悪いかというと、不要なほど作りこむという事は、会社に損害を与えた事になるのである。コストを余計に掛けているのだから。

 辞めた理由

自分がC社を辞めた理由は単純で、C社の職場が無くなってしまったためである。C社が開発していたシステムの受注が無くなってしまったので、自分はC社から別の会社に派遣され、派遣先の会社で働く事になったのだ。しばらくはそのやり方で仕事を続けていたが、自分のいたかった職場が無くなってしまったのは、どうしようもなかった。C社にいる理由がもはや無いので、止むを得ず、C社を辞す事にした。

社長に辞める旨を告げ、先月会社を辞めた。

第六十回櫻門茶会

日曜日の朝、早めに起きて家を出た。慣れない路線を乗り継ぎ、武蔵境駅で降りる。恰好はスーツで、背負ったリュックサックには、扇子、袱紗、古帛紗、菓子切り、懐紙、袱紗入れ、白い靴下を持っている。家に忘れてしまったネクタイをコンビニで買って、首に締める。武蔵境駅から少し歩くと、曹洞宗の禅院がある。この禅院を右手に見て行き過ぎ、交差点を左に曲がると、左手に若竹といううどん屋がある。更に進むと右手にうどん屋の別邸があり、柿風亭という茶室がある。これはしふうていと読む。第六十回櫻門茶会を開くのはこの柿風亭である。

f:id:nogitsune413:20171126095259j:plain

柿風亭の入口

f:id:nogitsune413:20171126095305j:plain

入口の門を潜って、柿風亭に入ったところ

門も新しいが、中に入ると立派な庭で、良いところを見つけたなと思う。まだ造られて間もないのか、良く手入れが行き届いている。晴れた日で、茶会には良い日である。

玄関を入ったところで白い靴下に履き替え、先生に挨拶。現役生がOB席のある茶室に案内してくれる。

f:id:nogitsune413:20171126101427j:plain

OB席の隣の部屋が、OBの控え室になっていた。

控えの間になっている部屋に荷物を下ろし、合流したOBに挨拶をする。それから何をしたか、余り覚えていないが、I先輩に廊下でお会いして、席に入ったらどうかと勧められ、OB席に入った事は覚えている。なんてことはない、手伝いに来たような顔をして、すぐにOB席の客になってしまったのである。

OB席の菓子は主菓子で、持ってきた菓子切りが役に立った。漉し餡の餡子が甘くて美味しい。紅葉の菓子だったと思う。亭主が茶道口で頭をぶつけて、本当に痛そうだった。この席以外でも、誰か頭をぶつけていたので、機能性からいうとこの部屋は失敗である。しかし、躙り口など極端に背の低い入口を嬉々として造る茶室にそれを言っていいのか、微妙なところではある。

自分が正客をしていたのだが、足が痺れると嫌だし、拝見の作法を忘れてしまったので、主茶碗は拝見に回さずにそのまま返す。それであまり長くやらずに、お道具は飾り置きでと思っていたのだが、棗と茶杓が回ってきてしまった。やり方を忘れてしまっていたので、なんとなくそれらしい風で拝見し、隣に回した。本番の茶席で作法云々を聞くのもおかしい気がしたので、それで良かったと思う。

これは僕の理屈だが、作法を知っている人はさりげなく作法通りにすれば良いのであって、作法を知らない人は自然にすれば良いと思う。目の前に相手がいるときに、作法を気にしている事が伝わったら、一番失礼ではないかと思う。

最初のOB席は、客であったが、二席目はお運びである。もっとも、一席目をやってみて、お運びがいると却って邪魔になる事が分かったので、抹茶を持って茶席に入る事はしない。水屋から茶道口越しに、茶室にいる半東に抹茶を渡すだけである。

抹茶を渡す仕事の前に、まずは下足をやる。下足は、躙り口を潜って茶室に入った客の履き物を茶室の外で揃え、最後に戸を閉める仕事である。

f:id:nogitsune413:20171126144940j:plain

OB席で使った茶室を外から見たところ。左に廻ったところに躙り口がある。茶室の脇の、少し高くなっている石が沓脱ぎ石である

学生の頃はこんな仕事でも緊張して、できればやりたくなかった。何しろ作法が決まっていて、その通りにやらなければならないのだ。今回は流石に緊張はしなかったが、それは単に「大した事ではない」と考えるようになったためで、別に立派な事ではないだろう。

下足が終わったら、水屋の手伝いである。しかし、どう見ても水屋に人が多過ぎる。元々の水屋担当二人に、お運びだった二人を足して、四人が水屋にいる。これでは水屋が狭くなるので、一人ぐらいは外に出た方が良さそうである。

それでもしばらく水屋を手伝い、茶席が終わる頃を見計らって、外に出る。躙り口の戸を開けて、客の履き物を出さねばならない。

水屋から茶室の中の様子に耳を澄ませていて、もうそろそろ終わりという時に外に出たのだが、なかなか席が終わらない。話が盛り上がっているらしい。躙り口の傍らに窓があって、茶室の中から立っている自分の姿が見えるように思う。それで少し腰を落とし、隠れる事にした。待っている下足番の姿が茶室の中から見えたら「さっさと帰れ」と言っているように感じるかもしれないからだ。

ようやく席が終わって、茶席を出る客の履き物を出す。これで一先ず役目は終わった。

三席目のOB席もお運びの役だったが、OBで来ていたSさんに下足は任せて、自分は抹茶を水屋から茶道口に出す役だけをやる。

こうして振り返ってみると、自分がした仕事は客の履き物を揃えたり、抹茶を水屋から茶道口に渡したりしただけである。

さて、大して役には立てなかったが、一応役目は果たしたので、学生の席に入る。学生の席は三席あって、小間と広間、それから立礼席である。立礼席というのは、椅子の席である。この立礼席に入った。

亭主は哲学科の学生であった。自分は正客である。正客というのは、亭主とやり取りをする、言わば客のトップだから、皆やりたがらない。自分は断るのが面倒だから、勧められるとそのまま受ける。それでOB席に引き続き、この茶席でも正客になっていた。抹茶は少しぬるく点っていた。菓子は秋をテーマにした菓子で、三種類あった。半東からどれかおふたつどうぞと言われて、紅葉ともうひとつ、確か黄色い菓子を取ったと思う。グミのような干菓子である。ちょっと記憶が定かでないが、紅葉を掃き集める、熊手か箒をモチーフにした菓子があったような気がする。あ、面白い菓子があると思ったので覚えている。
軸は「紅葉満山川」で、茶道研究会のメンバーにはお馴染みのもの。自分の研究会のところの茶席だから、新しいお道具が見られるという事はない。これはしょうがない。代わりに、「お道具が懐かしい」という別のメリットがある。

立礼席が終わって、帰ろうかどうしようか迷った。妻には三時頃終わると伝えていて、そろそろ三時に近づいている。しかし、I先輩に勧めてもらって、やっぱり席に入る事にした。広間の席である。前の席が終わらないので、待合で待つ。

f:id:nogitsune413:20171126150557j:plain

待合の袋戸棚。少ない蝶で空間の広がりを表現している。

待合の障子が開いていて、縁側に続いている。

f:id:nogitsune413:20171126144755j:plain

待合から続く縁側。庭から腰掛けて、客が談笑していた。

 縁側から庭に降り、何枚か写真を撮る。今書いている、このブログ記事に載せたいと思ったのだ。もう一つの理由は、立派な庭だったからである。

f:id:nogitsune413:20171126144829j:plain

庭から縁側を振り返る。待合に着物を召した先生が見える。

f:id:nogitsune413:20171126144906j:plain

待合もしっかりあった。

f:id:nogitsune413:20171126145709j:plain

苔に陽が差している。


 風がある日で、庭を歩くと枯れ葉が舞い落ちてきた。柿風亭という名だが、柿の木はないらしい。柿の木を茶庭に配するのは、ちょっと出来かねるからだろう。

f:id:nogitsune413:20171126145651j:plain

竹が植えてある。花を配さないのが、いかにも茶庭らしい。

 待合に戻って待っていると、広間の客が呼ばれて、この日最後の茶席に入った。

華やかな棗で、それが一番記憶に残っている。漆の黒地に金色で紅葉の模様が描かれていたように思う。道具は飛び青磁の皆具だったはずである。香合は松ぼっくりの形だったかな。どの道具がどの席に出てきたか、定かでないが、ともかく秋という事で統一されていた。

足が痺れて、段々抹茶どころではなくなった。じっと足の痺れを我慢していると席が終わった。流石に帰る事としよう。

OB席の控えの間に戻ると、卒業したばかりのOBが道具を片付けていた。お任せで悪いが、手を出しても分からないので、そのまま上がる事にする。

M先輩やT先輩と一緒に上がって、武蔵境駅まで歩く。M先輩とは新宿駅までご一緒して、家に着いた頃には五時を優に過ぎていた。

家に着いたら、妻の機嫌をなだめるのが、最初の仕事である。要は謝るのである。お金を払って抹茶を運んで、何の得になるのかと聞かれて、うまく答えられない。

今回参加してみて、もちろん楽しかったけれども、OBはお金だけ出して、客になるぐらいがせいぜいで、あまり席を設けたりしなくて良いのではないか、少なくとも、自分はもう出なくていいかな、と思ってしまった。

学生が中心の茶会が自然だし、卒業しても茶道を学び続けているS君やT君は、後輩に手本を見せるという意義があるけれども、僕は卒業してから一度もお茶を点てていない訳で、後輩に見せられるものも、教えられるものもない。

邪魔をしに行ったわけではないし、請われて行ったのだから別に良い訳だが、遠くから応援した方が良い、というのが自分の結論になってしまった。

自分は学生の茶会からはほどほどの距離を置き、自分で勝手に抹茶を楽しみたいと思う。それでまた櫻門茶会が開かれたら、お祝いを持って、ちょっと客になる、忙しかったら、欠席しても失礼でない、ほとんどのOBは来ないのだから。